teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ウィンター反省(9)
  2. 1stOF方針(3)
  3. Winter 一次予選反省(2)
  4. 09/11/26 ミニゲvsα(4)
  5. 09/11/24 練習(1)
  6. 09/11/22 交流戦二日目(3)
  7. 09/11/21 交流戦一日目反省(3)
  8. (2)
  9. 09/11/08 βミーテ(5)
  10. 09/10/31 β練(2)
  11. 09/10/24 東大・獨協戦反省(2)
  12. テスト(0)
スレッド一覧(全12)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ウィンター反省

 投稿者:好井成  投稿日:2010年 1月 1日(金)18時30分51秒
返信・引用
  1限抜けがある日は絶対参加するようにした。アフターもいたら絶対やったと思うが、ミーテ、筋トレで午後もラクロスにかかわるようになった分、ビフォアがしんどくなって甘くなった。

2ランシューはほぼ打っていない。理由は俺がランシューを練習したところで点は入らないと思ったからだ。代わりにアタックとして自分とチームの得点力が上がるような練習をした。具体的には、上がり際の練習とmfにはじくための裏1オン1からのパス練習、ゴール前でのグラボからすぐ打てるためのクレイドルの練習と、ノークレでシュートを打つ練習だ。

3とり方は夏合宿あけに見てもらったからいいやと思っていた。ほかの課題のほうを優先した。

4ミーテのキャッチ練はやってないが、足を動かしながらのキャボ、足を動かしながらのキャッチ練はやった。あと、自分の苦手な高めに投げてもらう練習もした。

5不適切。パスも満足につながらず、シュートまで持っていけない状況でランシューを打つ練習をしても得点力は向上しない。もちろんランシューを打つ機会のあるmfにとっては意味はあるが、チーム課題にすべきではなかった。ポジションを固定するのが遅かったのも大いに原因である。今なら、ポジション別に、シュートまで持っていく練習と、その後のシュート練習、具体的にはクリースならゴール前グラボからの至近シュート

6積極的に課題を見つけようとした。コーチに聞きに行ったり、ビデオを見たり。
 
 

OF目標の追加です

 投稿者:林ショウゴ  投稿日:2009年11月13日(金)22時51分23秒
返信・引用
  石山さんの助言で少しOF目標を追加します。
目標1について
無理パスをしない=投げれない体制で投げない+投げれない相手に投げない

ということです。後半部分について、相手がシャットされている。距離が近い。準備できていない。などです。
このような時にパスを出さない事を意識してください。
できればこのような位置にNBCはいてほしくないですが、もしいれば、BCが判断をして、キープするなりしてください。
 

OF目標

 投稿者:林ショウゴ  投稿日:2009年11月13日(金)00時18分11秒
返信・引用
  1:無理パスをしない

これは前回の試合(東大・独協戦)で、ポゼッションを失う最も大きな理由だったので、まずこれを意識してください。対策として、
(1)そのまま駆け抜ける (2)ロールして逆サイドに展開 (3)プッシュされていないときにパスを出す
として、個人で判断してください。ただし、パスミスをしそうであれば、(1)・(2)が無難だと思います。この目標がOFを組み立てる第1ステップなので、まず、意識してください。

2:NBCが足を動かす。

とりあえず、第一歩として、上MFの循環を徹底して意識してください。これも、試合中は結構できていないことが多いので、(特にBCの逆サイドの人ができていない)しっかり意識してください。

結構実践で意識しないといけない目標ばっかりなので、少ない実践メニューで、意識を高くして挑みましょう。
 

DF目標

 投稿者:りんたろう  投稿日:2009年11月12日(木)22時31分20秒
返信・引用
  学芸戦の試合目標にしたかったのですがなくなってしまったので名古屋までの練習で意識して名古屋では完璧にできるようになってください。


1、自分のマークマンに責任を持つ。

現状では抜かれた後などについていかずに危険回避とんだ人のマーカーがドフリーになるっていうシーンが多いのでこれは徹底して下さい。特にAT陣は上から抜かれてもついていってください。

2、ボールサイドに寄せる(特に内ケア、セカンドの意識の徹底)

これは前ビデオ反省でもやった通りです。セカンドの動きが悪すぎるのでもう一回確認して下さい。
セカンドの人は上からかけられるときはGの前くらいまでしぼる、この時にいまは自分のマーカーに首振りができていないor体の向きが完全にBCだけに向いていてマーカーを見れていない。
これだとうまいチームだと対角に出してくる可能性があるので、BCと自分のマーカーが両方見える体の向きで首振りしましょう。
体の向きとかは第4ターム資料に亮太さんが書いてくれているので参考にしましょう。
また現段階ではスニーキングされるときのセカンドの飛びが遅いので、ホットが飛んでスニーキングされたらすぐに飛ぶってことをしっかり意識してください。

3、危険回避の意識


3つとも基礎的なことですがこれさえしっかりできればかなりの点は防げます。逆にできなければ簡単に点取られます。

最近練習少なくてなかなか実戦でできないですがウィンターまでもう時間がないのでみんなで目標意識持って頑張りましょう。
 

レンタル掲示板
/1